2006年01月08日

20年ぶりに点滴を打つ

先日より風邪をひいており、異常に喉が痛いので病院にいった。
風邪であろうと病気が原因で病院に行くのはこれもまた16年ぶりである。
(16年前も花粉症で行っただけですが)

ちなみに去年病院に行って1日会社を休んだことがあるが、あれは単に
会社の健康診断でひっかかったからです。


というわけで手っ取り早く治すために点滴を打ってもらった。
おかげでかなり治った。医者スゲー。

普段から無駄な風邪薬を薬局で買うくらいなら病院に行けってことですね。
あまりに健康なためこんな基本的なことに28年気づかなかった。

posted by 青年(後) at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけおめ、ことよろ。(←こーいう言い回しもすでに死語に近い?つか、新語の消費スピード速くない?)
ま、それはさておき、元気になられたようでなによりです。すげー心配していました。
僕は病院行きまくりです。見かけとは裏腹にかなーり病弱です。
Posted by よしまさ at 2006年01月10日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。