2005年06月22日

Foo Fighters「In Your Honor」を買ってみた

別にフジロックに行くわけではありませんが、Foo Fightersの新作を買った。

立て続けに購買意欲を削ぐ発言が続きますが、個人的には「普通」。

前作「One by one」の延長+アコースティック1枚という内容ですが、
1st、2ndに比べて聞きごたえのある曲が少ないかなぁという印象。
というか全くインパクト無いんですが。

前作は結構売れたみたいなので、前作同様の期待を持つ人は買っても損はないか。

グランジ世代には正直お推めしない。

イン・ユア・オナー
イン・ユア・オナー
posted with amazlet at 05.06.22
Foo Fighters
BMGファンハウス (2005/06/15)
売り上げランキング: 102
おすすめ度の平均: 4.91
5 重力からの開放
5 「押し」と「引き」の2枚組。
5 思い切り叫んだら思い切り泣こう。

posted by 青年(後) at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリー・コーガンのソロを買ってみた

Zwanの即解散も記憶に新しい中、ビリー・コーガンのソロアルバムがついに
発売となったので買ってみた。

いやあ、そうなるかなと思っていた以上にそっちに行きましたかという感じ。

スマパン時代がまだ記憶に新しい人は正直買わないほうが無難か?

やたらとデジタルな感じが耳に付く上に浮遊感を追加したようなサウンド。
何と言ったらよいかよくわかりませんが、賛否両論は分かれそうなアルバム。



ちなみに、スマパン復活発言をしているらしい。ソロなんて出さなくてよいから
本家を出してくれ。
cdjournal

The Future Embrace
The Future Embrace
posted with amazlet at 05.06.22
Billy Corgan
Warner Brothers (2005/06/21)
売り上げランキング: 37

posted by 青年(後) at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

Summer Sonic 2005出演アーティスト第1弾

当方初回のSummer Sonicに行ったきり特に行ってないんですが、
なんとなく年を追うごとに面子が豪華になってきてますね。

公式

OASIS/NINE INCH NAILS
SLIPKNOT/WEEZER/THE BLACK CROWES
ALEXISONFIRE/THE ARCADE FIRE/BOY
THE DEPARTURE/HAL/HIM
IAN BROWN/KASABIAN
THE LA’S/LITTLE BARRIE/THE LITTLE FLAMES
LOUIS XIV/ME FIRST AND THE GIMME GIMMES
MEW/ROOSTER/THE ROOTS/THE TEARS
TEENAGE FANCLUB/TV ON THE RADIO
YELLOWCARD


しかし公式サイトを見るとOASISは分かるがNINがWEEZERより上に書いてるのが
なんか違和感が。そんなにNINって今も人気あるのか?ロッキンオンに騙されてるクチか?
当方はNINは「ダウンワード・スパイラル」以降は全く聞く気がしないので
そんなに人気があるのが不思議だ。ま、WEEZERほど落ち目でも無いのかもしれないが。

ガンズが来たことだし落ちぶれ振りが最高潮のモトリー・クルーとか安値で
呼べば面白いのに。
(モトリー・クルーのヴィンス・ニールは確かアメリカでダイエット番組か
なんかに出てたような)

ああ、あとはあれだ。MCハマーだ。是非呼ぶべきだ。
たしか今は1度破産してIT企業を設立して社長業をやってるとか。

それのほうが暑苦しくてまさにサマーだと思う。








posted by 青年(後) at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

こいつはスゲェバンドだ。お料理行進曲なんて目じゃないな。

いや、久しぶりにいいバンドを発見した。
その名は「Hurra Torpedo」(たぶん)

このバンドは「音」だけでは楽しめない。
映像も必要だ。


さあ、前置きはいらない
見る、聞く、そしてその先には一体何が。

こいつらが次世代のグランジなのか。


それは自らの五感で感じ取って欲しい

Total Eclipse of the Heart" by Hurra Torpedo

























なんで全員半ケツなのか。そんな統一感は要らない。

正直、本当に期待した人には本当にすまないと思っている。



posted by 青年(後) at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

中年院的音楽

最近、同年代でジャズを聞いてるとかのたまう人が多いのが非常に残念だ。
「ロックを聞く奴は不良だった」それが親父の世代。

ジャズもいいかもしれないけど、初期衝動を忘れてはよい中年にはなれない。

というわけで、いろんな意味で当方に感銘を与えたCDを載せる。
たぶん、30歳くらいになったら聞けない。

Napalm Death 「From Enslavement to Obliter」
当時「世界最速」ということが話題だったNapalm Death。

初めて洋楽を聴いてみようという友人をそそのかして買わせた1枚。
その後、彼は当方の言うことには一切耳を貸さなくなった。

12曲とか14曲が普通のCDの中、日本版は55曲入りで28分しかないのが
ある意味感銘を受けた。(最短の曲は4秒。無音時含む)

From Enslavement to Obliter
From Enslavement to Obliter
posted with amazlet at 05.01.18
Napalm Death
Earache (1994/09/08)
売り上げランキング: 38,764
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.33
5 最高です!
3 聞きました。
5 最高


その後、「AxCx」というバンドがデビューアルバムで300曲入りのCDを発売したが、
当然普通のCDプレイヤーでは3桁表示ができなかった。
おかげで100曲以降を選択することができない。

このバンドの3rdを買った際に、15曲しか入ってなかったのは正直ショックだった。
285曲損した。



今日のオマケ。
かの有名なマイケルジャクソンの「パン!茶!宿直!」はSmooth criminalという曲で、
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=MHCP000000534

にてダウンロード販売している模様。俺は買うぞ。



posted by 青年(後) at 02:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。