2005年06月22日

1980円のTurbolinux発売

CNETの記事によるとソースネクストから
1980円のTurbolinuxが出る模様。


当方自宅にてCentOS4.1マシンを2台ほど動かしているわけで、
Linuxの発展は非常に喜ばしいため是非売れてほしいとは思いますが、
1980円出す価値があるのかは正直微妙だったりする。
(まあ、高いとかそういう意味じゃなく、タダのもんでもいいんじゃないのということ)


しかし、若干欲しい気もある。


なぜなら、見た目が一番かっこいいから。


それだけ。でも買うかも。



まあ、商用ソフトなんぞ無くてもLinuxは結構使えたりするので、
興味のある人はいいのではないでしょうか。

国産OSということで日本語もまぁ問題ないと思います。


ただ、昔はFTP版がタダだったことを思うと。。。


ちなみに、1つだけ注意しておこう。
sourcenext
に書いている、

「日本語入力システムかんな採用」


これは初期値では激しくバカな入力システムなのでご注意を。



posted by 青年(後) at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

ウィンドウマネージャの切り替え

最近Linuxネタが多いことを全く気にせず覚え書き。

当方CentOSなので

#switchdesk

で次回からのウィンドウマネージャの切り替えが可能。今はXfce。軽くて良い。
posted by 青年(後) at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FedoraとRedHatの隙間に入り込む「cAos」

当方はLinuxインストール厨なので新ディストリビューションは非常に歓迎且つ
すぐに試してみたいという悪い癖がある。

で、そんなところにこのニュース。
個人では手のでないRedHatのクローンCentOSをベースに3〜5年のパッケージ提供をするという
「cAos」これはRedHat好きの当方としては本家が買えないだけに非常に興味深い。

普通にRPMが使えるという意味ではCentOSで別に問題はないのだが、
「人の使っていないディストリビューション」というところに明らかに不便なのに
今正にダウンロード中。


先日Vineを入れた端末にいれるかこのデスクトップに入れるかは検討中だが、もし血迷って
入れてしまったら追って報告します。
posted by 青年(後) at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

Linuxで使うエディタ(当方はvi)

先ほどの若干続きとなりますが、正直Linuxのインストールは非常に簡単になってきています。

ですが恐らくつまづくであろう問題が「エディタ」です。
X Windowをインストールすれば比較的メモ帳/秀丸ライクなエディタがありますが、
もし古い端末でインストール不可だった場合。

その人は設定ファイルを書き変えようとする度に途方に暮れ、Linuxを諦めるかもしれません。


そのくらいに特殊なvi / emacs。


当方はemacsは使えませんが、viをこよなく愛する1人です。
viがなくなったらもうこの仕事はできないというくらい必要です。


さて、何が特殊なのでしょうか。


先ずはキーがWindowsでは考えられない操作です。
vi使ってる人のキータッチは多分普通の人には未知の世界です。

例えば
「i」文字入力モードへ切り替え
「x」1文字削除
「dd」1行削除。「3dd」とすれば3行削除
「pp」1行コピー
「:wq」保存して終了

と言ったように、普通のWindowsでは考えられないキーを叩くわけです。

ただしマウスが無くても全ての操作が可能なので、マウスを使わないということで
慣れれば作業はかなり速くなります。


まあ、勿論viが使えないと絶対にできないわけではありません。
ただしLinuxに標準で入っているエディタはviなので、避けて通ることはできません。


秀丸やTeraPad、サクラエディタに飽きたら、Windowsでgvimを使いましょう。


きっと普段のエディタが如何に使い易いか気付くことでしょう(笑)


ちなみ、使ってみればシンプルですが超多機能です。
秀丸とか目じゃありません。(普通の用途には秀丸のほうが便利だったりするけど)
emacsには劣るかもしれませんが、emacsはもはやエディタというより環境と呼べる部分があるので
エディタとしては互角以上です。たぶん。


↓この本は非常にvi使いにはお推め。

ViIMproved‐Vim完全バイブル
Steve Oualline 高橋 則利
技術評論社 (2004/05)
売り上げランキング: 39,842
通常3〜4日以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 奥が深いです。


posted by 青年(後) at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Linux私的お勧めディストリビューション

最近周囲から「Linuxやりたい」という声をたまに頂くので、
個人的見解でお勧めディストリビューションを何点か。
あくまで私的なので苦情等は受けつけません(笑)

・CentOS
RedHatクローンなので、対応パッケージ数が格段に多い。
そのため、基本的に試してみたいソフトが結構簡単に動きます。
個人的にはデスクトップ用途で使わなければ本命。
業務上もRedHatを扱うことは多いのでお勧め。

・VineLinux
日本語環境が充実しているのでとっつきやすい。RPM/aptが使えるのでパッケージの更新が楽。
以前は集録パッケージが古めだったが、VineLinux3.1ではPHPの最新版RPMが用意されていたりする。最初に入れてみる・手をかけたくないという意味ではかなり良い。

・Debian Linux
いろんな環境で動いたりするので(玄箱とか)実は結構身近なLinux。
インストールが以前は面倒だったが変更されているのだろうか。
安定志向な人には良いが、RPMではないのでうちの業務上は触れる機会は少ないかも。
あとRedHatばっかり触ってる人がたまに触ると苦痛。まあ、逆もまた然り。

・Knoppix
とりあえずLinuxを動かしたい人向け。CD-ROMをつっこめば動くので手軽さは最強。
最近はUSBメモリから立ち上げたり、iPod Shuffleから立ち上げたりといろんな場面で
活躍。実はWindowsが死んだ時にデータ救出用として使えるので持っておいて損は無し。


・Fedora Core
使ったこと無いので割愛。Linuxの最前線環境を知るためには良い。

・Gentoo Linux
時間がかかりそうなので入れたことはないが、1から構築する感があるらしく玄人向け。

・SUSE Linux
個人的には欲しいが使ったことは無い。TurboLinuxと並ぶデスクトップ環境での利用の本命か。

・TurboLinux
日本語対応・Windowsとの親和性はNo1らしい。見た目は一番好みだ。
意外とアジアで人気のディストリビューション。


番外
・coLinux
Windows上で動く。まだ安定性が若干怪しいので自信のある人向け。

・Linux MLD mini
Windows上でFedora core3を動かせたりする。端末が余ってない人の選択肢としてはよい。

・Cygwin
Windows上で動くエミュレータ。一応一通りのことは出来たりするので、端末が無くお金をかけたくない人にはとりあえず入れてみることをお推めする。

・SFU
Windows上で動く。たしかマイクロソフト運営なのでWindows上で動かすには最適か。


最初にやってみるにはVine Linuxあたりをお推めしておく。




posted by 青年(後) at 02:17| Comment(0) | TrackBack(1) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

LinuxのGUI設定(ログイン方法切り替え)

Linuxを触り出して早3年半くらいになりますが、実はGUI環境をほとんどいじったことが
無かったのでメモ。

というのも先日1台自宅サーバが常にハングアップするようになってしまったので
1台DB用のCentOSからVineLinux3.1に変更したのだが、間違ってグラフィカルログインに
してしまったので変更設定をメモ。超初心者級なメモである。

/etc/inittab



id:5:initdefault:



id:3:initdefault:

に変更してリブートするだけ。(「3」とか「5」はランレベル)

ちなみに今これを書いてる端末はCentOS4なのですが、GUI環境が若干おかしい
(デスクトップのファイルが表示されないとか)あるので少しむかついている。

そのためSUSE LinuxかTurboLinuxを検討しているが再設定がめんどくさいので
踏みとどまってる今日このごろ。



posted by 青年(後) at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「qmail メールサーバ構築」を買った

さっき「買うだけで読んでない」と書いたにも関わらず、反省0なナイスな人です。

仕事上使うのでこのqmailの本を買った。

これは若干読んだがさすが一番詳しいと書いてるだけあって結構詳しく載っている。

重要度が高いのでこれは読みます。すでに自宅サーバ1台にはqmailは設定済み。

qmail メールサーバの構築
リチャード ブラム Richard Blum コスモプラネット
アスキー (2002/01)
売り上げランキング: 113,140
通常3〜4日以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 D.J.Bernstein入門として

posted by 青年(後) at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「RedHat RPM Guide」を購入した。

どちらかというとPHPを書く人なのでそれほど重要度は高くないのですが、
ある意味趣味と化してきているので、Linux関連の書籍はよく買っている。

でも最近書く機会が減りつつあるので、オブジェクトやら何やらには全然ついていってない。

とまあ最近の実情はどうでもいいとして、RPMについて解説している本が他に無いので
購入してみました。

最近本ばかり買って一切読んでない。

Red Hat RPM Guide
Red Hat RPM Guide
posted with amazlet at 05.05.16
エリック フォスター・ジョンソン Eric Foster‐Johnson 中川 和夫 ヴァインカーブ
ソフトバンクパブリッシング (2003/11)
売り上げランキング: 67,050
通常2〜3日以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 RPM を扱う Linux のエンジニアは必読

posted by 青年(後) at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

ついにLinuxデスクトップを構築

パソコン工房で↓を購入してLinuxデスクトップを構築した。

SenageValueW
icon

先日よりボロPCを譲り受けたりしていたため、家のPCが4台になってしまったが
まあLinuxは習うより慣れろということで自分を説得し購入。最大の無駄遣いな気がする。

2年振りくらいにLinuxデスクトップを触っているが、かなりKDEはWindowsには近づいている。

が、動作がどうしても遅い。ウインドウマネージャを変えたら速いけど。

そんなこんなで「意外とWindowsって速いな」という印象を持ったわけですが、
買ってしまったので家では無理矢理Linuxを使います(苦笑

posted by 青年(後) at 03:12| Comment(0) | TrackBack(1) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

デスクトップ環境としてのLinux

ボーナスが出た。
そして今月は決算賞与がある。


ついにその時が来たかもしれない。


「デスクトップを買い、Linuxを入れてWindowsを捨てる」


まあ、業務で使う上ではWindowsが無いと困るので捨てるは普通に嘘ですが、
前からやろうと思っていてまだ手を出していないのがこのLinuxを日常で使うことである。


ちなみに当方のLinux環境を公開すると
ボロノート×2(CentOS)+Linux Zaurus

と既にWindows端末より多い。(Win端末は1台だけ)


買うか、買わざるか。

誰か背中を押してください。


既に無駄とかそういうネガティブな指摘は無しの方向でお願いします。

posted by 青年(後) at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

CentOS設定記録(SE Linuxにしてやられる編)

先日よりCentOS Ver4をインストールし、稼動させております。
普段はソースからApacheやPHPをインストールしてたわけですが、
今回はRPMでの管理に挑戦しようかと思いまして設定中(遅

で、RHEL4から標準搭載のSE Linuxにしてやられ、apacheの
DocumentRootを変更するのに1時間を要すというバカっぷりを発揮したので
2度とハマらないようにメモ。

結局Googleで探したら即解決。最初からやれと。

ここ

要はSE Linuxの設定でブロックされていたので、
# chcon system_u:object_r:httpd_sys_content_t <ドキュメントルートのディレクトリ> -R
これ叩いたら解決した。

恐るべしSE Linux。

# setenforce 0

の0と1の切り替えで簡易On/Offが実現できるみたい。
posted by 青年(後) at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

RedHatクローン「CentOS」をインストール中

当方の親父はRedHatである。

すいません、本当は脱サラした赤帽運送屋です。

というどうでも良い話は置いておいて、昨年かおととしか忘れましたが
RedHatが商用版(RedHatASとか)のみになったので、会社で気軽に使える
ディストリビューションを模索していたことがありました。

で、結局めんどくさいのでRedHat9のままだったりDebianだったりするわけですが、
世の中には商用RedHatクローンがあることを最近知った(遅

その中でも比較的更新の早いといわれる「CentOS」をダウンロード、インストールして
いろいろ試してみようかなというところなのです。


ちなみにインストール先は4年前に買ったThinkPadなので、只今2時間経過しているが
まだ終わってないわけで。

ダウンロードなどはこちらなどを参考に。

既にVer4.0が出てるのでちょっとリンク先は古いかも。




posted by 青年(後) at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxWorld5月号

当方Linuxを仕事で使用するため、Linux関連の定期的な情報収集は
必要不可欠だと思っている。

ですが忙しい時期などはつい放置してLinuxの勉強をする暇が無かったりするわけで、
こういうムック本は目に付いたら絶対買ってしまう。

今回、正直なところ内容より2004年1〜12月の記事PDFが付いているので買った。
PDFだけで700円くらいに設定してダウンロード販売してください。いやマジで。

月刊LinuxWorld (リナックスワールド) 5月号 [雑誌]

IDGジャパン (2005/03/24)
売り上げランキング: 767
通常24時間以内に発送

posted by 青年(後) at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。